2014年iwatchの登場でスマートウォッチ市場はどうなる!? 

2014年iwatchの登場でスマートウォッチ市場はどうなる!? 

  • January 7, 2014

iwatch0

アップルの次なる革新的な製品としてiwatchが話題です。

デザインや機能において様々な憶測が飛び交っていますが、残念ながらオフィシャルには未だ何も公表されていません。

追記:2014/2/13

2019年、iwatchのある未来を想像した動画を発見しました。あと5年。十分起こりえるでしょうね。

そもそもiwatchとはどういうものなのでしょうか?

iWatchとは

iwatchとはスマートウォッチと呼ばれるカテゴリに属し、Google glassなどと並びスマートフォンに変わる次世代通信デバイス、ウェアラブルデバイスとして期待されてる製品です。

スマートウォッチに関しては既にSamsung や Sonyが販売を開始しており、各社ともこの分野に関してのイニシアチブをとるために急ピッチで開発が進められている というのが現状です。

日本国内においてはドコモが販売を発表したSamsungのGALAXY Gear SM-V700やSonyのSmartWatch 2 SW2が話題となっています。オフィシャルサイトでは既に入荷待ちとなっており、どうしても欲しい人はアマゾンなどで平行輸入品を購入しているようです。

SONY Smart Watch 2 SW2 ブラック シリコン 【並行輸入品】

Samsung GALAXY Gear SM-V700 (Mocha Gray) by au

Sonyの販売サイトに行ったら確かに近日入荷になっていました。。

iwatchから少し離れましたが、折角なのでスマートウォッチについてもうちょっと掘り下げます。

まだまだ世の中に登場したばかりのスマートウォッチですが、いったいどういうシロモノなのでしょうか?

スポンサーリンク

スマートウォッチとは?

簡単にいうと腕時計型のスマートフォンです。一般的な定義としては下記が挙げられます。

  • 通話ができる
  • インターネットに接続できる
  • フィットネスギアとして体調をモニタリングできる
  • GPSを利用した位置情報サービスを享受できる

画面的な制約を除けば、現在スマートフォンで実現できることは殆ど搭載可能です。現時点ではスマートフォンからBluetoothで通信して使用する方法が主流のようなので、フルで機能を使うには、スマートフォンをポケットや鞄に忍ばせて、スマートウォッチを腕にはめるというかたちになります。

スマートウォッチに関する評価

次世代デバイスとして期待されるスマートウォッチですが、評判は賛否両々分かれているようです。確かにフィットネスとしての機能を除けば、スマートフォンと同じです。どちみちスマートフォンを携帯していなければならないのならば、わざわざデバイスを一つ余計に持つ意味はないかもしれません。

厳しい意見も。

どれを見ても時計のカタチを踏襲したものばかりで、なにが新しいか、どう日常を変えてくれるのかが視覚的にも伝わってきません。スマートウォッチとはなにかという肝心のコンセプトの創造に失敗しているからでしょう。それなら普通の時計のほうがはるかにアクセサリーとしてすぐれているように感じます。

対して、推進派はスマートウォッチをつける理由として下記を挙げています。

1. 電話を取り出す手間が省け、情報を素早く見ることができるため、時間を節約できる。

2. 健康管理ができるので長生きできる

3. スマートフォンとは電池消費の少ないBluetooth 4.0という規格で通信するため、一度の充電でより長く使用できる

4. 音声を利用した機能を使いやすい

5. 現行のスマートフォンや他のウェアラブルデバイスに比べて目立たなない。

2はちょっと笑っちゃいますが、フィットネス利用を指して言っているようです。

3はいいですね。これってもうスマートフォンが世の中に登場したときからの命題だと思います。日本だと待ち受け時間の短さから、ガラケーに戻る人も多いと聞きます。

いろいろな意見がありますが、私見ではスマートウォッチが大ブレイクするにはスマートウォッチ単体で電話もインターネットもできるようになることと、スマートフォンでは実現できないキラーファンクションが実装されることが大前提だと思います。

そしてもうひとつ。

iwatchがどこまでがんばれるか。

iPodがCD,MP3プレイヤーからポータブルミュージックデバイスの市場を奪い、

iPhoneが携帯電話からスマートフォンへの進化を加速させ、

iPadがタブレットデバイスという新市場を開拓しました。

この歴史をみると、アップルのiwatchがどこまで仕上げてくるかがスマートウォッチの命運を握っているといっても過言ではないでしょう。

iwatchのうわさ

冒頭で述べたように、iwatchの正式な発表はまだありませんが、デザインについては様々なうわさや予測がでているようです。

透明なデバイスかもしれない。
iwatch1

ipod nanoのようなデザインかもしれない。
iwatch2

全液晶のバングルのようなデザインかもしれない。
iwatch3

個人的には耐久性さえクリアできれば、最後に挙げた全液晶のようなデザインがいいなぁ。。というかこのくらい革新的なデザインにしないと火がつかないと思います。

とまあ、期待に胸は膨らむわけですが、いつ出るかわからないiwatchを指をくわえて待ってるなんてできない!という人のために、現在のスマートウォッチ人気機種を紹介しておきます。

スマートウォッチランキング

1. Pebble E-Paper Watch for iPhone and Android 【Kickstarterエディション】 (ブラック)並行輸入品

2. スマートウォッチ : マーシャンウォッチ・ヴィクトリー・シルバー (Martian Watches Victory Silver)

3. [並行輸入品] i’m Watch Color 128MB (White)

4. SONY Smart Watch 2 SW2 ブラック シリコン 【並行輸入品】

5. スマートウォッチ : マーシャンウォッチ・ヴィクトリー・シルバー (Martian Watches Victory Silver)

参考:http://www.smartwatchnews.org/top-5-smart-watches/

上記の参考サイトは別ですが、スマートウォッチの比較をしているサイトがありましたので参考までにどうぞ。 FIND THE BEST

スポンサーリンク


みる米の新着記事をRSSで受けとる
おもしろブログを発掘してみてください!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ