iPad対surfaceなどアメリカのCM対決が面白い。マイクロソフト、アップルなど話題となった5つを紹介。

iPad対surfaceなどアメリカのCM対決が面白い。マイクロソフト、アップルなど話題となった5つを紹介。

  • January 11, 2014

ipadsurface

日本のCMはすごく平和で優しいと思います。例えば製品の良さを伝えるときに、”当社製品比20%”とか自社の製品しか引き合いに出さないし、他社の製品を想像するようなメタファーもださないからです。

これはこれでフェアプレーでいいと思います。

アメリカはどうでしょう?

真逆です。競合の製品名はだすし、皮肉たっぷりにけなします

マイクロソフトとアップルの戦いは有名すぎるくらい有名ですが、タブレット市場でまたiPadとsurfaceがCM交戦をしています。

楽しみは後にとっておくとして、その他の対決も見てみましょう。アメリカのCMを学ぶ上でもとても役に立ちます。

メルセデス・ベンツ 対 ジャガー

まずはメルセデス・ベンツから。
スローガンは、

What do chickens and Mercedes-Benz have in common? Stability at all times

鶏とメルセデスの共通点は?その安定性だぜ。

その3ヶ月後にジャガーがだしたCMがこちら。
スローガンは、

Magic Body Control? We prefer cat-like reflexes, don’t you?

安定性?俺たちは猫のようなしなやかさのほうがいいぜ。だろ?

オチがもう。。 がちんこすぎて笑っちゃいますね。

スポンサーリンク

MS InternetExplore 対 Google Chrome

Googleのタグライン

Now Everywhere

ついにどこでもつかえるようになったぜ

その2ヵ月後にマイクロソフトが出したCMがこちら。

Googleはユーザーのプライバシーを侵害しているからきをつけろ! ってことを叫んでいます。
タグラインは

Microsoft Internal Google Chrome Bouncing Ball Now Everywhere

このマグカップは有名ですよね。マイクロソフトが上のCMと同様、キャンペーンの一環としてつくったノベルティです。
”俺たちがいま君の個人情報を盗んでるから静かにしよう”

microsoft-mug-attack-google

英語サイトですがマイクロソフトの公式ページでグッズ販売しているようです。(残念ながら、このKEEP CALM…のマグはなくなっていました。)
Scroogled store

マイクロソフトのこの徹底したGoogleたたきに対して放った一言、

『マイクロソフトが一生懸命グッズのT-シャツを作っていたとき、Googleは一生懸命Google Glassの開発をしていたよ』

おみごと。

Samsung 対 Apple

アップルの新たなライバルといえばSamsungです。いわずもがな世界のスマートフォン市場では2台勢力となっています。

最初に手を出したのはSamsung。スローガンは

The Next Big Thing

iPhoneを購入するために並んでる人達にむけて、なんで4Gのスマートフォンにしないの?(当時Galaxy s 2だけが4Gに対応していた)と問いかけます。

2013年に発売したGalaxy 4 のCMでも徹底的にiPhoneを狙い撃ちです。

しかしながらアップルは反撃をしてきません。おそらく効かなかったのでしょう

Xbox One 対 PlayStation 4

マイクロソフトのゲーム分野はソニーとガチンコです。
CMでこそお互いをけなしあうことはありませんが、この二つの製品の発売日はたったの1週間違い。それってメリットあるのかね?

まずはPlayStation 4

つずいてXbox。
PSと同様、中世の戦士に加え、リバプールのジェラード、StartrekのZachary Quintoなどを起用しているにもかかわらず、発売日の反応はPSの圧勝だったそうです。

iPad Air 対 Kindle Fire

2013年11月に発表されたごくごく最近のCMです。
アマゾンのキンドルが競合商品のiPad Airを叩いています。
解像度、重さ、値段、どれをとってもキンドルの勝ちです といっています。
ちなみに、キンドルの説明はアメリカン英語ですが、iPadはイギリス英語です。これがあらわすものは、、、

iPad Air 対 Surface

ようやくきました。アップルたいマイクロソフトです。
この対決の歴史は古く、アップルが”I am Mac”キャンペーンを行ったのが最初だといわれています。
2013年のくれにでたこのCMでは
余計なことをしゃべらないし、もっと仕事するよ! (音声認識機能のSiriを馬鹿にして、iPadではできないマルチタスク機能を宣伝している)

さらに追い討ちをします。

うまいですよね。何が違うかが明確。そして買わない理由はないでしょ? っていう結論も明確。

iPad 対 Samsung Galaxy Tab

MSのSurfaceのCMと似ていますね。flashコンテンツがみれますよーっていうところが新しいか。

うーん、Samsung嫌いじゃないけど、マイクロソフトのほうが明確かな。

iPad 対 Nokia Lumia 2520

2013年にリリースされたCMです。キーボードの使いやすさとバッテリーの長持ちさを訴えています。

歴史的CMをふりかえる

Mac 対 PC

すべての始まりはここから。ジーンズ姿の若者が”Hello,I’m Mac”といい、スーツ姿の男性が”And I’m a PC”という。 それぞれの商品の典型的なユーザー像がこれというわけです。

I’m MacといいPCとの違いを明確にしたアップルですが、それに対抗したマイクロソフトはより信頼できて、フレンドリーでスタイリッシュなのはWindowsという意味をこめて、”I’m PC”というキャンペーンを始めます。アップルの攻撃を逆手にとったかっこうですね。

アップルはすぐに対抗したCMをリリースします。
露骨すぎて笑えます。
タグラインは、”広告にばっかりお金を使って、研究開発してないだろーー”

スポンサーリンク

参考資料:http://www.hongkiat.com/blog/advertising-war-campaigns-between-rivals/

みる米の新着記事をRSSで受けとる
おもしろブログを発掘してみてください!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ