Google グラスの次はGoogle コンタクトレンズ!? オフィシャルブログでスマートコンタクトレンズの開発を発表

Google グラスの次はGoogle コンタクトレンズ!? オフィシャルブログでスマートコンタクトレンズの開発を発表

  • January 17, 2014

diabetes

糖尿病というのは世界でで深刻な問題となっており、実に地球上の19人に1人がこの問題を抱えています。

彼らはかなりシビアに自らの血糖値把握しておかなければなりません。

基準値を外れると、目や肝臓、心臓など体のあらゆるところに深刻な問題が発生します。私の友人の母はまさにこの問題に直面し、運転中に低血糖で気を失い、車ごと側道に突っ込みました。

患者に聞くと、この病気と付き合うということは、アルバイトに行くのようなものだといいます。血糖値の指標となるグルコースレベルは、運動、飲食、発汗などにより、かなり頻繁に変化するため、定期的にモニターしなければなりません。

多くの人はこのレベルを監視する機器を身につけていますが、それに加えて、指を切って血液を採取し、テスターにかけるという作業を日々行わなければなりません。

とても面倒くさく、しかも痛い作業です。

その結果、この作業を怠る人が増え、先述のように深刻な問題となって初めて認識するという事態にが起こります。

糖尿病の研究

長きにわたり、科学者たちは体から発せられる液体物質を研究し、もっと簡単に血糖値をテストできる方法を探していました。もその研究対象の一部でいたが、採取するのはとても難しいと考えられていました。

そこでGoogleはコンタクトレンズに目をつけます。非常に小型化が進んだマイクロチップは今では人の髪の毛よりも小さくすることができます。その技術を応用すれば、レンズに組み込み、常に血糖値を測定することが可能なのではないかと考えたわけです。

google_contact

Googleコンタクトレンズへの取り組み

現在はワイヤレスチップを2層にしたレンズの間に組み込む方法でその可能性を探っており、この方法だと1秒に1回、血糖値をモニターすることができます。この研究ではまた、基準値を超えた場合、LEDライトを点灯させることにより、早期に危険を予防する仕組みも考えています。

まだ初期の研究開発段階ではありますが、すでに多くの医学的調査を終了しており、Googleコンタクトレンズは着実にその精度をあげています。

FDAとの議論を交わし、商品化にはまだまだやらなければいけないことがあることをわかっています。なので、Google単体でこれを実現しようとは思っていません。この分野の専門とするパートナー企業を探し、より高い精度で、市場にGoogleコンタクトレンズを出せればよいと考えています。

Googleは革新的で、変なものを作るのが好きです。

Internationa Diabates Federationは、『人類は糖尿病に負けた』と言っていますが、Googleが放とうとしているこの一撃、結構ナイスだと思いませんか?

出典:http://googleblog.blogspot.com/

Ads by Google

Googleの取り組みについて

GoogleグラスやiWatchのような派手なデバイスを想像していた人は、ちょっと期待はずれの発表だったかもしれません。しかし、これができるのがGoogleなんです。このGoogleコンタクトレンズにどれだけの研究開発費がかかるか想像に難くありません。普通の企業なら無理でしょう。

各社ともウェアラブルデバイスに熱を上げている今、Googleは既に一歩先をいっています。ブルーオーシャンを悠々と進んでいます。

製品化されるかもわからない分野にこれだけのお金を使い、市場を自ら作り出す。

アップルが斬新な商品デザインや新しいライフスタイルの提案をすることで注目を浴び続けるのとは対象に、Googleは技術屋として人の生活が便利になるものを探し続け人々の心を掴んで離しません

当然、このGoogleコンタクトレンズの本当の狙いはもっと先にあり、『糖尿病患者向けの便利なデバイス』というのはマーケット創造のきっかけにすぎないと思います。

そういう点で、ITとともに次世代の雄として注目を浴びるバイオや医療といった分野に目をつけたGoogleはさすがといったところです。

2014年はいったいどんなサービスや製品を発表してくれるのか、Googleの動向から目が離せません。

Ads by google


みる米の新着記事をRSSで受けとる
おもしろブログを発掘してみてください!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ