IT関連成功者たちに聞いた『どうやって成功したか』 20連発!:イーロンマスク、マリッサメイヤー、ジェフベソスなど

IT関連成功者たちに聞いた『どうやって成功したか』 20連発!:イーロンマスク、マリッサメイヤー、ジェフベソスなど

  • December 23, 2014

世界をまたに駆けるIT長者たちがどのように仕事に向き合い、卓越したチームを作り、彼らに最高のパフォーマンスさせたかをご紹介します。

イーロン・マスク(テスラ、SpaceX)

面接に来た人が「何よりもプロセスを正確に早く行うことが大事」と言ったら危険信号だと思います。

多くの大企業ではプロセスを偏重する傾向があり、頭を使うことクリエイティブであることが軽んじられています。企業は従業員に歯車になってくれることを望み、それにより写真はクリエイティブさを失っていくのです。

マリッサ・メイヤー(Yahoo)

私はいつも「自分ではちょっと無理かな・・」ということに挑戦しています。そしてこれが自分を成長さてくれていると考えています。

「これ本当にできるかわからないけど、やってみよう」と考えたときに、ブレークスルーが起きます。それにより良い結果がうまれることもあるし、何よりも確実に自分を成長させることができるから。

ジェフ・ベソス(アマゾン)

もし競合他社にばかりフォーカスしていたら、彼らが何かをするの待ったり、そういった会社が出てくるのを待たなければならない。消費者にフォーカスすれば必ずその分野の先駆者となれる

マーク・ザッカーバーグ(FaceBook)

自分のゴールは会社を作ることではありません。たくさんの人が勘違いしていますが、私は売り上げや利益はあまり興味がありません。”普通の”会社にならないようにするために、世界中に”機会”を与える存在でありたいと思っている。

ラリー・ペイジ(Google)

私のリーダーとしての役割は社員たちがすばらしい機会を得ているかを確認することだと思っています。そして彼らが意味のある大きなインパクトを残し、社会に貢献していると感じていることが重要です。今のところGoogleは世界でその役割を果たせていると思います。何かの後追いをすることなく、常にリーダーであり続けることがGoogleの役割と考えています。

スポンサーリンク

ティム・クック(Apple)

CEOとして一番大切なことは視野を狭くしないことだと思います。残念なことに、アップルのCEOという立場は視野を狭くさせてくれる環境ではありません。しかしたまに陥りそうになります。日々、カスタマーと従業員、メディアからさまざまなフィードバックをもらいますが、やるべきこと、やらざるべきことをしっかりと決断していくことが大切だと思っています。

トラビス・カラニック(Uber)

もしあなたが合法的に会社を経営していて、既存権力に良く思われていなかったとしても、絶対に屈しないでださい。あなたのサービスはいつかきっと世界をよくします。会社を興し、事業を開発することは自由という原理もありますからね。

ジェフ・ウェイナー(Linkedin)

面倒をみている人たち、例えば社員、が多ければ多いほど、あなたの言動や思いを伝えるのにはチームで対応しなければなりません

リーダーとして目立つことも重要で、それを常に気をつけていなければならない。

Susan Wojcicki(YouTube)

YouTubeにきて初めてやったことは、とにかく聞いて、学ぶこと。YouTubeという組織のエコシステムを理解する必要があった。その中でもっとも重要と考えていたのはクリエイターの考えを理解すること。どうしたら彼らによい環境を与えて、このすばらしいコンテンツをビジネスとして成長させることができるかを常に考えています。

リード・ハスティング(NetFlix)

自己管理能力がある人は自由を得ることでより力を発揮する。そして自由を得ることは彼らの権利でもある。われわれのモデルは会社が大きくなればなるほど、自由を多くあたえることで、狭めることはしない。革新的な考えを持つ人たちによりよい場と機会を与え続けることが私の使命です。

ディック・コストロ(Twitter)

先日、幸運にもNBAのコミッショナーであるアダム・シルバ氏とお会いする機会がありました。そのときに誰かがNBAのカルチャーについて質問をしたときのことです。

アダム曰く、「ある有名なNBAプレイヤーが教えてくれたのですが、そのゲームの勝者はコートで勝ったのではなく、それ以前に会場までくるバスの中で既に勝っている」 そうです。これはよいチームを構築することが以下に重要かを示しており、ひとつの目標に向かって、ともに戦うということをしっかり意識できていることが大切だということです。

ブライアン・チェスキー(Airbnb)

あなたは優秀なチームメートといなければならない。きっと彼らはあなたをいつも悩ませるでしょうけど。なぜなら常にもっと上のステージへいくことを望んでいるから

サトヤ・ナデラ(Microsoft)

リーダーとして、私は常に新しい戦いの場に身をおくことを望んでいます。常に新しい技術やコンセプトとそれを遂行するだけの新たなキャパシティも必要です。既に成功していることを超え続けること、これこそがビジネスの醍醐味だと思います。

Tony Hsieh(Zappos)

あなた自身の中に眠る野望を可視化し、創造し、信じること。そうすれば自然とそれは形作られてきます。

ジャック・マー(アリババ)

賢い人たちの中にいると愚かな人がリーダーとなりえます。科学者だけのチームにあっては小作人がリーダーとなりえます。私が言いたいのは、周りと違う視点をもつことが勝者となり得るということです。

ジャック・ドーシー(スクエア)

世界中の人に共通していえることは、みんな何かの購買者ということです。私たちはその場所が好きだからそこに買い物に行きます。そしてそこですばらしい体験をしたいと考えます。販売者側としては彼らを失望させたくないし、彼らに時間を無駄にさせてはいけないと考えるべきです。

デビッド・カープ(Tumblr)

「欲しいけどまだ世の中に存在しない」 私にはそう思えるツールがありました。そして、どんどんクリエイティブではなくなるテクノロジーの流れは私のストレスを日々増加させていました。 この写真はここに、このファイルはここにしまってください などといった制限はうんざりです。私は自分が置きたいところにおくし、しまいたいところにしまいたいです。私たちがやっていることはそういうサービスです。

Katia Beauchamp(Birchbox)

よく働いて、たくさん質問をして、全ての経験から何かを学んでいたら、あなたはすばらしいキャリアを歩んでいます

自分でマネージャーを選んでください。キャリアを積むことを楽しんでください。そしたらハッピーアワーに行きましょう!

Ev Williams(Medium)

消費者の立場から言うと、ほとんどのWebサイトは醜く、使い勝手の悪いものばかりです。われわれはクリーンで使いやすく、コンテンツに集中できるようなデザインを心がけています。

適切なシステムを構築できれば、たくさんの注目を得ることができるでしょう。しかし、あなたのネットワークをつかい、適切なデザインを施し、よいものを作りだすシステムがあれば、これでもまた可能なことです。

ティム・アームストロング(AOL)

マネージャーの受ける批判のNo1は、変化をしていない、もしくは変化をするのに時間がかかりすぎている ということです。

これを解決するのは本当にシンプルです。パフォーマンスがでるかチェックし、でなかったら、すぐに変えることです。

スポンサーリンク


みる米の新着記事をRSSで受けとる
おもしろブログを発掘してみてください!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ