肩凝りを放っておくと、命に関わる病気になる可能性がある

肩凝りを放っておくと、命に関わる病気になる可能性がある

  • January 28, 2014

katakori

現代人の皆さんの中に『一日中コンピュータに向かい合っている』という方は結構多いのではないでしょうか?

かくいう私も働いている時間の80%はコンピュータの前にいます。となるとやってくるのが肩こり

私の場合はかなり波があって、痛いときは頭をあげているのが辛いくらいなのですが、大丈夫な時は何時間でも同じ体制でタイピングできます。(これがよくないんでしょうけどね。。)

そして今日、とても痛いです。。

なにか解決方法はないかなーと探していたらいい動画を発見しました。

早速試したところ、結構効果があったのでシェアします。

動画のコメントを見ると、かなり評判いいみたいですね。

以下動画コメントより抜粋。

右肩がら上に手があがらなかったのに、これをしたら首のあたりがすーーーと楽になりました。

最初首を回すときは骨がコキコキなってたのに すごいスムーズに回るようになった!!

朝目覚めに肩が重苦しく、良い体操がないか検索し やってみた!軽くなったよ!

他、さくら?と思うくらい賞賛の声多数。

30秒でできるので是非お試しあれ。動画は一番下にあります。

肩こりから分かる重大な病気

なんとなく知ってはいたのですが、やはり肩こりを放っておくと大変なことになる可能性があるようです。

分かりやすいサイトがありましたので簡単にサマリーします。

出典:http://xn--navi-973csmi757ai85apmr.net/katakori_byoki.html

頑固な肩こりがずっと続く場合

肺に問題がある可能性があるようです。理由は肺の病気にかかっていると大きく呼吸ができないため、背中がまるまり、首・肩に負担がかかることにより発症します。

肩から腕にかけてかなりの痛みを伴う場合は、肺ガンの可能性もあるので要注意です。

左の肩だけ強烈に凝る場合

正確には左の胸から左の肩にかけて痛みを伴う肩こりがある肩は、心臓疾患の可能性があります。

右の肩だけ強烈に凝る場合

胆石や胆のう炎など、胆のうに疾患を抱えている可能性があります。

肩・背中がパンパンになっている場合

肝臓に問題を抱えている可能性があります。

しびれを伴う場合

椎間板ヘルニアなど頚椎に疾患がある可能性があります。

他にも自律神経が弱ってくることによる更年期障害が原因となるケースもあるようです。

普段のストレッチも重要です。私は週3回はジムに行って肩まわりの筋肉をつけるようにしています。

とはいえ、民間療法に頼りすぎるといいことはないので、あまりにも肩こりが長引くときは医者に見てもらうことを強くお勧めします。

この動画が肩こり仲間の皆さんの一助となればと思います。


みる米の新着記事をRSSで受けとる
おもしろブログを発掘してみてください!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ