ウェブサイトに付箋をつけてシェアできる『SNAPBUGS』を触ってみた

ウェブサイトに付箋をつけてシェアできる『SNAPBUGS』を触ってみた

  • February 6, 2014
いつも有益な情報を発信されている100SHIKIさんで紹介されていたSNPBUGSを実際に使ってみました。

このSNAPBUGSはウェブサイトのデザインや動作に関してコメントを入れることができて、さらにそれを任意のグループ内でシェアできるサービスです。

早速はじめてみます。

SNPBUGSにアクセスし、対象のURLを入力します。
snapbugs0

Welcomeメッセージが表示されます。
snapbugz1

右上の”GIVE FEEBAK ON MIRUKOME.com”をクリックすると矢印やコメントつけるためのツールボックスが表示されます。
snapbugz2

矢印や付箋を使ってコメントを入れることができます。Pixelが表示されるメジャーがあるのがいいですね。わかってらっしゃる。
snapbugz4

右下のContinuewボタンを押すとスナップショットが撮られ、概要を入れたり、誰にシェアするか決めたりする画面がでてきます。
snapbugz5

“Send to others”ボタンを押すことでシェアする人を追加していきます。最初は誰から送信するか聞かれます。
snapbugz6

2回目からはこんな感じであて先と、本文を入力できます。
snapbugz7

シェアされた人にはこんなメールが届きます。
snapbugz8

真ん中の”Participate in the discussion”をクリックすると、先ほどのスナップショット画面が表示されます。ここでコメントを追加できます。スクリーンショット内のコンポーネントはいじれないのが惜しい!
snapbugz9

お気づきのかたもいらっしゃると思いますが、日本語は化けてしまうようですね。

しかし、全体としてシンプルでとてもよくできていると思います。というか、Web開発に携わっている方ならFirebugsばりにマストツールになりそうな気がします。

あとは、わざわざSNAPBUGZのサイトに行かなくてもパッと使えるように、ブラウザのアドオンを提供してくれれば完璧です。

僕の場合はクライアントとの画面デザインの確認で活躍しそうです。早速今日から使わせてもらいます!

Ads by Google


みる米の新着記事をRSSで受けとる
おもしろブログを発掘してみてください!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ